痛みもイライラもスッキリ!妊婦のむくみこそ着圧ソックスで

痛みもイライラもスッキリ!妊婦のむくみこそ着圧ソックスで

ページトップへ
妊婦のむくみ解消ナビ 着圧ソックス編 » お悩み解決!妊婦のマイナートラブル集 » 【大定番】そんなに太ってる?病院で痩せろって言われた…

【大定番】そんなに太ってる?病院で痩せろって言われた…

妊娠中は体重が増えやすいので注意しましょう。妊婦さんの太りすぎについて、リスクや平均的な体重増加量などをアドバイスします。

妊娠中は太りやすくなる

妊娠中は誰でも太りやすくなります。妊娠前は糖質を摂取すると自分の体でエネルギー源として使われますが、妊娠すると糖質は赤ちゃんに優先的に送られます。そのため母体は糖質不足を補うため脂質でエネルギーを蓄える必要性があり、皮下脂肪をつきやすくするのです。

ほかにも妊娠するとホルモンの影響により脂肪を溜め込みやすい体質となるため、妊娠前は痩せていた方でも、あっという間に太ってしまうことがあります。

妊婦の適正体重って?

太りやすい体質の変化だけでなく、運動不足や食べ過ぎ、食べづわり、ストレスからの甘い物の摂取などで、10kgや15kg、場合によっては20kg太ってしまう方がいます。妊婦の適正体重はプラス7kgほどなので、もともと痩せていた方でも13kg以上は太りすぎだと判断されます。

病院によってはとてもシビア

太りすぎは出産のリスクが高まるだけなので、病院によってはとても厳しく体重を管理しているところもあります。いくつか先輩ママの声を紹介します。

厳しところではむくんでいるだけでも勘違いされるので、妊娠中はむくみ対策もした方が良いかもしれません。着圧ソックスや食事改善などでむくみを予防すれば、厳しい病院で注意されにくくなるかもしれません。

先輩ママが試した体験談アリ!
妊婦のむくみ解消法まとめをCHECK

太りすぎはリスクが高まるので注意!

妊婦の太りすぎは病気のリスクが高まるので、できる限り避けたいものです。特に妊娠高血圧症候群のリスクが高まりやすく、この病気が重症化すると母子ともの影響が出ます。胎盤の早期剥離や低出生体重児、子宮内胎児死亡など命の危険に関わることもあるので注意が必要です。太りすぎると産道にも脂肪が付くため難産になりやすく、早産のリスクが高まる可能性も。太りすぎのメリットはありません。