痛みもイライラもスッキリ!妊婦のむくみこそ着圧ソックスで

痛みもイライラもスッキリ!妊婦のむくみこそ着圧ソックスで

ページトップへ
妊婦のむくみ解消ナビ 着圧ソックス編 » 妊婦のむくみを放置したらどうなるの? » エコノミークラス症候群(深部静脈血栓症・肺塞栓症)について

エコノミークラス症候群(深部静脈血栓症・肺塞栓症)について

妊婦になると、出産を控えて血が固まりやすい状態になり、血栓ができやすい状態になります。この状態で同じ姿勢を取り続けていると発生する可能性がある病気が、一般的にエコノミークラス症候群と呼ばれている病気です。※1

ここでは、エコノミークラス症候群の概要、旅行や移動中などこの病気が発生する原因および病気の予防方法、足のむくみを改善する方法について見ていきましょう。

エコノミークラス症候群とは

エコノミークラス症候群は、深部静脈血栓症(しんぶじょうみゃくけっせんしょう)が原因で引き起こされた肺塞栓症(はいそくせんしょう)のことです。

長時間同じ姿勢を取り続けていると、血行不良が起こって足の深いところにある静脈内に血栓ができます。この症状を深部静脈血栓症と呼びます。深部静脈血栓症でできた血栓が肺にまで飛んで肺の血管を詰まらせる状態が肺塞栓症です。※1

エコノミークラス症候群は、飛んでいった血栓が大きく肺の大部分を詰まらせてしまうと命の危険にもかかわる非常に恐ろしい病気です。大きな震災の後、車の中で避難生活を送っている人も、同じ姿勢を取り続けるためこの病気にかかる人も少なくありません。

《エコノミークラス症候群の症状と治療》
初期の症状としては、太ももから下の足が赤くなる・腫れる・痛むなどが見られます。症状が重くなると、胸痛や呼吸困難・失神が出始めて非常に危険です。治療は、多くの場合血液をサラサラにする薬を投与して2週間程度の入院加療が必要となります。※1

エコノミークラス症候群にかかりやすくなる危険な行動

エコノミークラス症候群になる危険な行動とは「長時間同じ姿勢でいること(主に座っている状態)」です。飛行機や車で移動しているときは狭い座席でじっと動かないのでかかる確率が高まりますが、自宅でも、ずっと同じ姿勢で座っているとこの病気になる可能性があります。

エコノミークラス症候群の予防方法・改善方法

エコノミークラス症候群の予防方法および足のむくみが気になってきたときの改善方法は、主に血液をドロドロにしないために水分の摂り方に注意することと、下半身の血行を良くすることの2つです。具体的に何をすれば予防になるのかを説明しましょう。

《着圧ソックスを履く》
着圧ソックスは、ひざから下の血行を良くしてエコノミークラス症候群を発生させる深部静脈血栓症を防ぐ働きがあります。着圧ストッキングでもいいのですが、おなかの大きい妊婦は、おなかが締め付けられてかえって血行が悪く場合もあるので、着圧ソックスがおすすめです。

里帰りや旅行などでどうしても長時間同じ姿勢になることが分かっている場合は、着圧ソックスを忘れないように着用しましょう。

《長く椅子に座るときは、1時間に1回は足を中心に動かす》
椅子に長く座らないといけないときは、1時間に1回足を動かすようにします。可能なら、1時間に1回は5分程度歩けると理想的です。歩けない場合でも、その場でかかとの上げ下げ運動を続けるだけでもずいぶん違いますのでお試しください。

《水分をこまめに摂る・利尿作用のある飲料はNG》
水分が不足すると血液がドロドロになりますます血栓ができやすくなります。水分はこまめに摂りましょう。ただし、利尿作用のあるカフェイン飲料やアルコール類は避けてください。

《飛行機やバスなどは通路側の席を取り定期的に歩く》
飛行機やバスの座席は通路側にして、自分の歩きたいときに歩ける場所を確保します。水分をこまめに摂ってトイレに行きたくなったらどんどん行く、という形で動いていればエコノミークラス症候群の予防になります。

予防のための足の運動

妊婦さんの深部静脈血栓症・肺血栓塞栓症(エコノミークラス症候群)を予防するには、ときどき足を動かしたり、ストレッチなどの軽い体操を行ったりするのがおすすめです。

ここでは、エコノミークラス症候群の予防のために、座ったままでできる足の運動をご紹介します。

  1. 足の指に力を入れ、グーの形を作る
  2. 足の指1本1本を離すように、思いっきり開く
  3. つま先を床につけたまま、かかとを上げ下げする
  4. かかとを床につけたまま、つま先を引き上げる
  5. 片方の膝を両手で抱え、足の力を抜いて足首を回す
    反対の足も同様に行う
    ※注意:お腹が大きい妊婦さんは無理をしないこと!
  6. 足の裏を床につけ、ふくらはぎを手で軽くもむ
    ※お腹が大きい妊婦さんは膝を少し開き、片方ずつ膝に手を置いて体を支えるなど、無理のない体勢で行うこと!

以上のような軽い運動に加えて、こまめな水分補給や体を締め付けすぎないゆとりのある服を着用するなどの対策も合わせて行いましょう。

妊娠/出産で血栓症のリスクが高くなる理由

血管がつまることで発症する静脈血栓症は、妊娠中から産後12週までの間に発症するリスクが高まると言われています。その原因の一つとして、妊娠することで卵巣から分泌される、エストロゲンの量が増えることが挙げられます。エストロゲンには血液を固まりやすくする作用があるため、血栓症を起こしやすくなるのです。

妊娠すると、血液量は通常時の1.4倍も増加します。それに伴なって、白血球や血小板の量も多くなり、血液が凝固しやすくなることがわかっています。

妊娠中期を過ぎるとだんだんお腹が大きくなり、静脈が圧迫されることでも血栓症になる確率がアップ。さらに妊娠後期になると、出産時の出血量を抑えて母体を守るために、血液を固める機能も高まります。その結果、血栓症のリスクが増すのです。

帝王切開は血栓症リスクが7~10倍!

経膣分娩に比べ、帝王切開での出産は血栓症のリスクが7〜10倍になると言われています。帝王切開では手術を伴うため、産後はベッドからなかなか起き上がることができません。同じ体勢で横になったまま長時間の待機を余儀なくされるので、血栓ができやすくなるのです。

また足の静脈に起こる深部静脈血栓症は、肺血栓塞栓症を引き起こす原因にもなります。帝王切開で血栓症になった方のうち、約4〜5%が肺血栓塞栓症になると言われています。一度発症してしまうと重い病状が予想され、最悪の場合では命を落とす危険性も。現に妊産婦死亡の10%以上が、この肺血栓塞栓症に起因しています。

血栓症を起こさないために、足の運動などの予防対策を十分行うことが大切です。

安全のため妊婦さんは飛行機に乗れないケースも!

航空会社によっては、35〜36週以降(双子以上の多胎妊娠の場合は妊娠32週以降)の妊婦さんの搭乗について、医師の診断書の提出を求められるケースが多くなります。39週以降の妊婦さんの搭乗では、医師の同伴が必要です。

飛行機を利用する妊婦さんは、エコノミークラス症候群のリスクがより高くなります。もともと血液凝固が起きやすくなっている上に、飛行機に乗ると長時間座席に座ったままでいるため血栓ができやすいのです。また機内の湿度は5〜15%ととても低く、体の水分が奪われやすくなります。さらにトイレへ行く回数を減らすために水分を摂らずにいると、なおさらエコノミークラス症候群を発症する確率がアップ。できた血栓が血液の中を流れて、臓器に流れる血の巡りをふさぐ可能性もあり、非常に危険です。

飛行中に大量出血などの非常事態が起こったとしても、飛行機は簡単に着陸できません。輸血などの緊急を要する処置が必要になっても、雲の上では対応できないのです。

以上のことから、妊娠中は飛行機の利用をおすすめできせん。やむを得ない事情がある場合には、安定期である12〜28週までに利用するようにしましょう。その際は、医師に相談することが大切です。母子手帳はいつでも携帯することを忘れずに、飛行中は水分をこまめにとり、足の運動も行うようにしましょう。

※1:[PDF]2016年 厚生労働省 「深部静脈血栓症/肺塞栓症 (いわゆるエコノミークラス症候群)について」より

妊婦のわたしが選んだ
着圧ソックスアワード
ひきしめ強め部門

マグソックス~フラミンゴ~

購入価格
1,875円(税込)

※2019年6月12日時点セール特価で購入。定価:3,750円(税込)

サイズ増減の最大値
ふくらはぎ:-3cm/足首:-2cm
       楽天ショップを
CHECK
マグソックスの
体験レポートを読む
ひきしめ弱め部門

メディキュットスーパークール

購入価格
1,969円(税込)

※2019年6月12日時点amazonで購入。オープン価格

サイズ増減の最大値
ふくらはぎ:-1cm/足首:-0.5cm
       amazonを
CHECK
メディキュットの
体験レポートを読む
癒しの肌触り部門

ホットキュット®一般医療機器

購入価格
2,500円(税込)

※2019年6月12日時点amazonで購入。定価:2,500円(税込)

サイズ増減の最大値
ふくらはぎ:-1cm/足首:-1cm
       amazonを
CHECK
ホットキュットの
体験レポートを読む
気分がアガる部門

マグソックス~フラミンゴ~

購入価格
1,875円(税込)

※2019年6月12日時点セール特価で購入。定価:3,750円(税込)

サイズ増減の最大値
ふくらはぎ:-3cm/足首:-2cm
       楽天ショップを
CHECK
マグソックスの
体験レポートを読む

※本アワードは、体験者が妊娠29週~31週にかけて、5製品を各3日間、一定の条件を設けて体験した結果に基づくものであり、むくみの症状に対する効果効能を示すものではありません。あくまでも個人の感想であり、体感には個人差があります。
(体験実施期間:2019年6月17日~7月5日)
※比較対象の着圧ソックスは「マグソックス」「メディキュット」「ホットキュット」「スリムウォーク」「ギロファ・コンプレッソフィクスサポーター」です。
 すべてオープントゥ、オーバーニータイプ、就寝時に利用できるものに統一しています。
※本サイトに掲載されている商品価格はすべて購入時(2019年6月12日時点)の価格となり、実勢価格ではありません。