痛みもイライラもスッキリ!妊婦のむくみこそ着圧ソックスで

痛みもイライラもスッキリ!妊婦のむくみこそ着圧ソックスで

ページトップへ
妊婦のむくみ解消ナビ 着圧ソックス編 » 妊娠中だけじゃない!産後のむくみのメカニズム » 産後のむくみはいつまで続く?

産後のむくみはいつまで続く?

産後も続くむくみの症状

産後のむくみが続く期間は3週間から1カ月

妊娠中から足のむくみに悩やまされている人も多いのですが、出産後も治まらないケースや、産後にむくむようになった人も。

産後のむくみがいつまで続くのかは個人差が大きく、産後3週間で治まる人もいれば、1ヵ月以上続く人も。むくみが激しく生活に支障をきたす場合は、担当医へ相談してください。

先輩ママのむくみはいつまで続いた?

そもそも、産後のむくみの原因は?

産後の体がむくみやすい原因には、出産時の大量出血が挙げられます。妊娠中は体が大量出血に備えて、妊婦さんの身体の血液は1.5倍ほど増えるものですが、出産時の破水と出血で身体の中の水分が奪われることで、水分のバランスが大きく崩れてしまいます。そして産後、体は体重から失われた水分を補充しようと、普段よりも多くの水分を溜め込もうとするので、産後にはむくみがでやすくなってしまうのです。

産褥期のからだのメカニズム

産褥期とは、妊娠・分娩によっておこった母体の変化が、妊娠前の状態に完全にもどるまでの期間、6~8週をいいます。産褥期は体力の低下や精神的ストレスなどが重なって心身の不調が現れやすいため、母体は安静にし、体力や精神面を回復させる必要があります。

産後のむくみ対処法

産後のむくみを改善するには、血行を促し、余分な水分を輩出することが大切です。血行を促すためにマッサージをしたり、足湯をしたり、簡単な体操などでストレッチをすることで、全身の血行を促し、余分な水分を排出させる効果があります。

むくみを解消するためには、食生活の見直しも有効です。塩の主な成分であるナトリウムを摂りすぎると、体は水分を溜め込みやすくなり、むくみが出てしまうので、減塩を心がけたり、ナトリウムの排出の効果が高いカリウムを摂取したりするようにするとよいでしょう。

着圧ソックス、着圧タイツを着用し、足に圧力をかけることで、むくみを予防することができます。