痛みもイライラもスッキリ!妊婦のむくみこそ着圧ソックスで

痛みもイライラもスッキリ!妊婦のむくみこそ着圧ソックスで

ページトップへ
妊婦のむくみ解消ナビ 着圧ソックス編 » 妊娠中だけじゃない!産後のむくみのメカニズム

妊娠中だけじゃない!産後のむくみのメカニズム

産後に脚にむくみが出るのはなぜでしょうか。むくみ解消に役立つ着圧ソックスについて紹介します。

産後にむくみが出るのはなぜ?

マスコットイラスト

妊娠中に出やすいと言われているむくみですが、産後もむくみが続いたり、産後にむくみが出てしまったというママも多いようです。産後のママは赤ちゃんが産まれて生活習慣が激変する時期です。ホルモンバランスも妊娠中の時とは変わるため、体調にも変化が現れやすくなります。慣れない育児のストレスによって自律神経も乱れやすくなり、血液の流れが悪くなることでむくみが起こりやすくなります。

帝王切開後のむくみ

帝王切開後は、むくみが激しいのはなぜでしょうか。元々、出産前後は身体の自然なシステムとして、血を固まりやすくして、出産時の出血を早く止めようとする性質があります。その上、帝王切開の場合、手術後動かない時間が経腟分娩に比べて長いため、血栓が起こりやすくむくみが出やすいのです。

帝王切開での分娩は経腟分娩より22倍多い肺血栓塞栓症

肺血栓塞栓症(はいけっせんそくせんしょう)とは、体をあまり動かさないことによって発生する深部静脈血栓症(しんぶじょうみゃくけっせんしょう:足の静脈にできる血栓が起こすむくみなどの症状)でできた血栓が肺に飛んで肺を詰まらせることで起こる病気です。肺の詰まり方によっては死に至るケースもあります。

帝王切開での分娩は、 肺血栓塞栓症の発生率が経腟分娩よりも22倍多いという調査結果があります。具体的な数値は以下の通りです。

全分娩数に対して、肺血栓塞栓症の発症率は0.02%と少ないため必要以上に心配することはありません。ただ、肺血栓塞栓症を起こす前の深部静脈血栓症については、一般的な外科手術でも46%が発症しますので、そのことを考慮して対策する必要があります。※1
産後の血栓症は、総称して産褥期血栓塞栓症(さんじょくきけっせんそくせんしょう)と呼ばれます。

帝王切開後に発生しやすい産褥期血栓塞栓症の症状

帝王切開後に発生しやすい産褥期血栓塞栓症について、どういう症状が出るのかを抑えておきましょう。

産褥期血栓塞栓症のリスク因子

産褥期血栓塞栓症のリスク因子は、帝王切開以外にも肥満と妊娠中の長期臥床があります。自分が当てはまるかどうか確認しておきましょう。妊娠中は、あまり長い間同じ姿勢をとっていると危険なので、時々動くようにしてくださいね。散歩や買い物など、近場への移動だけでもずいぶん違います。「足を動かすこと」を意識することが大切です。※2

産褥期血栓塞栓症の予防方法

帝王切開における産褥期血栓塞栓症の危険性は病院でも知られていることで、予防策も取られます。一般的な深部静脈血栓症については、ワルファリンという錠剤の継続的な服用をしますが、妊娠中は胎児への影響があるため、妊婦には基本的に使用しません。※1
ママにもできる産褥期血栓塞栓症の予防方法としては、以下のものが挙げられます。

これらの予防方法は自己判断で行うのではなく、産婦人科の医師と相談しながら行うようにしてくださいね。

【参考】

産後のむくみを解消するには?

産後のむくみを解消するには、基本的に妊娠中のむくみを解消するのと同様の方法で大丈夫です。例えば適度に運動をする、食事を気を付ける、ミネラルを摂取する、マッサージをして血流を促すなど。

産後1ヶ月は入浴を控えるため、足湯を使ってリラックスするのも効果ありです。足湯で足を温めれば血流が良くなり、足のむくみ解消に役立ちます。

マスコットイラスト

そのほか特におすすめなのは、着圧ソックスの着用です。むくみを解消するために作られた着圧ソックスは、履くだけで脚のむくみを取ってくれる優れもの。足首から太ももまで圧をかけて血流を促進してくれます。妊娠中から使えるので、一つ持っていると大変役立つグッズです。

着圧ソックスは、締め付けが弱いタイプがおすすめ

着圧ソックスというと締め付けが強いものが良いというイメージを持ちがちですが、出産後のママには締め付けがほど良く弱いタイプがおすすめです。例えばこんな先輩ママの口コミがあります。

出産で多くの出血をしたためか足がゾウのようにむくんでしまいました。病院で売っていた着圧ソックスを購入して履いたのですが、きつくて履くのも大変。力いっぱい引き上げてもなかなか履けず、辛いだけでした。結局2~3回で使わなくなりました。

産後のママはまだ体力が回復しておらず、むくみもひどいことが多いです。締め付けが強い着圧ソックスだと履くのもままなりませんし、強すぎて履いているのが辛くなってしまうこともあります。

妊婦から産後のママまでOK!
締め付けの弱い
着圧ソックスをCHECK

産後に使用するならできることなら圧が弱いタイプを選び、気軽に履き続けて効果を得た方が、むくみを賢くケアできます。また足を引き締められるので産後ダイエットにも効果的。妊娠中に一つ買っておけば、長く使えることができます。

産後のむくみをもっと詳しく!

産後のむくみはいつまで続く?

むくみはいつまで続くの?

出産後にむくみに悩まされるママさんは多く、その症状がいつまで続くのかも悩みの種。産後のむくみについて悩んでいた先輩ママさんの口コミや、産後のむくみの原因について紐解いていきます。産後のむくみの対処法も掲載していますので、産後のむくみに悩んでいる人はどのような対処方法があるのかを見てみてはいかがでしょうか。

産後のむくみは
いつまで続くのか詳しくCHECK

産後の体重とむくみの関係

むくみ

産後に体重が減らない、妊娠前の体型に戻らないことを悩んでいるママさんは多くいらっしゃいます。産後の体重が戻らない理由や、いつ頃体重が戻るのか、体重を戻すためにできることなどをまとめてお伝えします。先輩ママさんの口コミも記載しているのでこちらも参考にして、理想的な体重の減らし方を考えてみましょう。

産後の体重と
むくみの関係を詳しくCHECK

産後のむくみに重宝した着圧ソックスは?

着圧ソックス

産後のむくみに悩むママさんは非常に多いのですが、そのむくみを解消するのに最適な着圧ソックスをさまざまな着圧ソックスの中から3つピックアップしてご紹介します。
着圧ソックスを活用して、むくみを軽減、解消した先輩ママさんの声も載せているので、こちらも参考にしましょう。
ほか、着圧ソックスの効果や着圧ソックスの選び方、着圧ソックス使用時の注意点なども記載しているので、産後のむくみ解消に着圧ソックスの使用を考えている人は、是非、チェックしてみましょう。

産後のむくみに重宝した
着圧ソックスを詳しくCHECK

産後のむくみをスッキリさせるマッサージ

マッサージ

産後のむくみに悩むママさんが多いことから、産後のむくみにはどのようなものがあるのか、むくみをタイプ別にわけてご紹介します。タイプ別にみるむくみの原因や、産後のむくみを解消するためのマッサージを順を追って説明しますので、自宅でのセルフマッサージにも役立ちます。マッサージ以外にも、産後のむくみ対策にできるセルフケアを挙げていますので、むくみ対策の参考にされてはいかがでしょうか。

産後のむくみに
効果的なマッサージを詳しくCHECK

産後のむくみを改善する漢方薬

漢方薬

産後のむくみ解消に注目されている漢方薬について、どのような漢方薬が処方され、その漢方薬にはどのような効果があるのかをまとめてご紹介しています。また、漢方薬を飲んでいた先輩ママさんの口コミ情報も載せているので、漢方薬の処方を考えている人は、こちらも参考にご覧ください。

産後のむくみを
改善する漢方薬を詳しくCHECK