痛みもイライラもスッキリ!妊婦のむくみこそ着圧ソックスで

痛みもイライラもスッキリ!妊婦のむくみこそ着圧ソックスで

ページトップへ
妊婦のむくみ解消ナビ 着圧ソックス編 » 注意とマメ知識!妊婦が着圧ソックスを使う前に » 妊婦はどれを選べばいいの?種類と違い

妊婦はどれを選べばいいの?種類と違い

妊婦さんが着圧ソックスを使用するなら、まず着圧ソックスの種類や違いについて知っておきましょう。違いを知ることで自分にぴったりな商品を選ぶことができ、脚のむくみを改善しやすくなります。

市販と医療用とマタニティ用の違い

着圧ソックスは大きく分けると医療用弾性ストッキングと市販品があります。医療用弾性ストッキングは医師の診察を受けたうえで購入することができる商品で、品質が良いのが特徴です。一方で市販品は処方箋は必要なく、ドラッグストアなどで誰でも購入できる手軽さが魅力。医療用と比べると低圧迫のものが多いので比較的履きやすく、お腹が大きい妊婦が着用するのにぴったりです。市販品でもむくみに対して十分な効果を得られるので、状態がすごく悪いむくみ以外は市販品の利用がおすすめです。

妊婦の着圧ソックス選び方講座
市販と医療用の違いについて
詳しくCHECK

昼用と夜用、丈の違い

昼用と夜用では圧力に差があります。着圧ソックスの昼用は圧が強く、夜用は圧が弱めになっています。例えば昼用を夜に使うと圧力が強すぎて、むくみを悪化させることもあるので注意が必要です。また着圧ソックスには色々な丈があります。ハイソックスタイプからニーハイタイプまであるので、好みで選んでも良いのですが、むくみ対策として使うのならニーハイタイプがおすすめです。太ももまでしっかりカバーすることで、むくみによる太ももの下肢動脈瘤を予防することができます。

妊婦の着圧ソックス選び方講座
昼用・夜用・丈の違いについて
詳しくCHECK

圧力の大きさの違い

着圧ソックスの締め付けの参考になるのが、記載されている圧力の単位です。圧力はhPaやmmHgで表示されています。目安は1mmHg(1.33hPa)が皮膚の上に500円玉を置いたくらいの圧迫で、例えば弱圧なら15~20mmHg程度、強圧なら30~40mmHg程度になります。ほとんどの製品は足首やふくらはぎなど、部分部分で圧力を変えています。足をすっきりさせようと考えると強い圧力のものを選びがちですが、着圧レベルが高すぎると血行不良などのトラブルを引き起こすこともあります。妊婦にはトラブルのない低圧力のものが良いでしょう。

妊婦の着圧ソックス選び方講座
圧力の大きさの違いについて
詳しくCHECK