痛みもイライラもスッキリ!妊婦のむくみこそ着圧ソックスで

痛みもイライラもスッキリ!妊婦のむくみこそ着圧ソックスで

ページトップへ
妊婦のむくみ解消ナビ 着圧ソックス編 » 注意とマメ知識!妊婦が着圧ソックスを使う前に » ついに出産!入院時の着圧ソックス体験談

ついに出産!入院時の着圧ソックス体験談

出産の入院準備の必須アイテムとして、着圧ソックスなどの足のむくみ対策グッズを用意しましょう。出産に向けた着圧ソックスの重要性について、先輩妊婦さんの口コミも交えながら解説します。

出産の入院準備に着圧ソックスは必須!?

妊娠したことのある方や、妊娠したことがある友達がいる方の中には、「妊娠後期から産後にかけて足がむくむ」ということをご存知の方も多いことでしょう。

むくみの程度には個人差があるものの、ホルモンバランスの変化から、どんな女性であれ、大なり小なり足がむくみます。出産で入院の準備をする際には、着圧ソックスを筆頭に、むくみ対策グッズは必須のアイテムと考えましょう。

先輩ママの口コミ

着圧ソックスがなくて後悔した口コミ

妊婦さんが着圧ソックスを履くときの注意点

妊婦さんが着圧ソックスを履くときには、次の3点に注意しましょう。

お腹を圧迫し過ぎないように

妊娠後期に入ると、お腹はみるみる大きくなっていきます。レギンスやタイツを選ぶ場合、大きくなったお腹を圧迫し過ぎると苦しくなるので、無理のない程度の圧力のソックスに変えることも考えましょう。

使用時間を守る

商品の使用時間を守って着圧ソックスを使うようにしましょう。昼用のソックスを就寝中に使ったりすると、かえって血行不良などのトラブルを招く恐れがあります。

破れたら潔く新品を購入する

着圧ソックスが破れたら、お金はかかりますが、新しい商品を購入しなおしましょう。破れたまま使用すると、圧力のかかり方がアンバランスになり、本来の効果が期待できなくなります。どんなタイプの着圧ソックスがいいの? 着圧ソックスを購入するときには、次の3点を目安に商品選びをしましょう。

自分に合った圧力のもの

ソックスの圧力は、強すぎても弱すぎてもよくありません。圧力の強さを示す「hPa」、サイズ、各商品の口コミなどを参考にして、自分に適切と思われる圧力の商品を選んでください。

着圧指数とは?

着圧ソックスのパッケージでよく見かけるのが hPa mmhgという単位。着圧ソックスの圧力がどれくらいかかっているのかを指数化したもので、この数字を見ることで圧力の強度がわかります。むくみレベルにあった着圧ソックスを選ぶために、確認しておきましょう。

※着圧指数の指標は1mmhg=1.3hPaと換算

着圧指数は数字が大きいほど着圧レベルが高く(締め付け力が強く)なります。圧力が強いことによってむくみへのアプローチに期待ができますが、過度に締め付けしぎると血の巡りが悪くなる原因に。皮膚のかぶれ・かゆみを引き起こす可能性もあります。着圧ソックスを選ぶときは必ず着圧指数をみたうえで、自分の状態に合わせて選びましましょう。

妊娠中・出産前に最適な着圧指数

妊婦さんが着圧ソックスを選ぶ場合は、圧力が弱すぎるとむくみへのアプローチはできません。逆に、圧力が強すぎると身体に負担をかける可能性がもあるでしょう。適度な着圧指数を選びたいときの目安は20hPa(14~16mmHg)前後。とくに妊婦さんはお腹に負担をかけないものがおすすめです。

肌触りの良いもの

肌に強めに密着して、なおかつ何時間も履き続ける着圧ソックスだからこそ、肌触りの良さは大切な要素です。ユーザーのレビューなどを参考に、肌触りの良い商品を選んでください。

着脱が楽なもの

特に妊娠後期になると、普通のソックスすら履くのが大変になってきます。着圧ソックスを選ぶときには、簡単に使える膝丈までの商品を選ぶことをお勧めします。

昼用、夜用で選ぶ

着圧ソックスは、日中の活動的なときに使用する「昼用」、寝ている時に使用する「夜用」の2種類。昼用と夜用の違いは着圧力の差にあり、寝ている間も快適に過ごせるよう夜用タイプの方が弱めです。とくに昼用の着圧ソックスで就寝すると、締め付け過ぎてしまい体に負担をかける可能性があるので昼用、夜用を正しく選びましょう。

丈で選ぶ

一口に着圧ソックスと言っても、ひざ下までの丈から太ももを覆う丈まで幅広くあります。むくみケアや予防に使用するときは、どこまでカバーしているかを重視されがち。毎日使いやすいものを選ぶときはソックスの丈がどこまであるかを見て選ぶことも大切です。

出産準備の荷物に最適な組数は?

毎日洗う必要があるので、最低でも2組は必要です。ただし、妊娠後期に病院で毎日手洗いするのは、きっと大変でしょう。ご家族が自宅に持ち帰って洗えるよう、特に夏場は3~4組くらい用意しておいたほうが良いのではないでしょうか?

同じ商品でもカラーを変えて用意すれば、気分転換にもなるのでお勧めです。

出産準備!着圧ソックスの他に必要なものは?

予定日が近づいてきたタイミングで妊婦さんが準備するものは、着圧ソックスだけではありません。準備し忘れないように、チェックリストを用意して確認しておくことがおすすめです。まずは、基本的なアイテムをご紹介しましょう。

必ず用意するもの

このほか、出産後に必要になるプレケアママグッズもあります。早めに準備をしておくために、何が必要になるのかチェックしておきましょう。

あると便利なもの

お産パット

お産パットは生理用ナプキンよりも一回り大きなパットで、破水をしたときの備えや分娩後に出る悪露(おろ)のケアに使います。個人差がありますが、破水や悪露の量を考えてお尻が隠れるLサイズ、1~2パック程度準備しておきましょう。

母乳パット

出産後に母乳が出るようになったときに、溢れてしまわないようにおさえるパットです。ブラジャーの内側に入れるタイプがほとんどなので、ズレにくく肌触りの良いものを選ぶと◎。

骨盤ベルト

出産後の身体は、骨盤が開いた状態にあり全身に大きな負担がかかるもの。骨盤ベルトをまくことによって、骨盤を正しい位置に戻して出産後の身体をサポートしてくれます。

妊婦のわたしが選んだ
着圧ソックスアワード
ひきしめ強め部門

マグソックス~フラミンゴ~

購入価格
1,875円(税込)

※2019年6月12日時点セール特価で購入。定価:3,750円(税込)

サイズ増減の最大値
ふくらはぎ:-3cm/足首:-2cm
       楽天ショップを
CHECK
マグソックスの
体験レポートを読む
ひきしめ弱め部門

メディキュットスーパークール

購入価格
1,969円(税込)

※2019年6月12日時点amazonで購入。オープン価格

サイズ増減の最大値
ふくらはぎ:-1cm/足首:-0.5cm
       amazonを
CHECK
メディキュットの
体験レポートを読む
癒しの肌触り部門

ホットキュット®一般医療機器

購入価格
2,500円(税込)

※2019年6月12日時点amazonで購入。定価:2,500円(税込)

サイズ増減の最大値
ふくらはぎ:-1cm/足首:-1cm
       amazonを
CHECK
ホットキュットの
体験レポートを読む
気分がアガる部門

マグソックス~フラミンゴ~

購入価格
1,875円(税込)

※2019年6月12日時点セール特価で購入。定価:3,750円(税込)

サイズ増減の最大値
ふくらはぎ:-3cm/足首:-2cm
       楽天ショップを
CHECK
マグソックスの
体験レポートを読む

※本アワードは、体験者が妊娠29週~31週にかけて、5製品を各3日間、一定の条件を設けて体験した結果に基づくものであり、むくみの症状に対する効果効能を示すものではありません。あくまでも個人の感想であり、体感には個人差があります。
(体験実施期間:2019年6月17日~7月5日)
※比較対象の着圧ソックスは「マグソックス」「メディキュット」「ホットキュット」「スリムウォーク」「ギロファ・コンプレッソフィクスサポーター」です。
 すべてオープントゥ、オーバーニータイプ、就寝時に利用できるものに統一しています。
※本サイトに掲載されている商品価格はすべて購入時(2019年6月12日時点)の価格となり、実勢価格ではありません。