痛みもイライラもスッキリ!妊婦のむくみこそ着圧ソックスで

痛みもイライラもスッキリ!妊婦のむくみこそ着圧ソックスで

ページトップへ
妊婦のむくみ解消ナビ 着圧ソックス編 » 先輩ママが試した妊婦の足のむくみ解消法 » マッサージ・ツボ押し

マッサージ・ツボ押し

妊婦さんのつらいむくみはマッサージやツボ押しで解消しましょう。おすすめの方法について調べました。

マッサージやツボ押しで手軽にむくみ解消

妊娠中の足のむくみトラブルに悩む妊婦は多いものです。食べ物を気を付けたり運動を行ったりなどのむくみ対策がありますが、自宅でもっと手軽にできる方法として、マッサージやツボ押しを取り入れてみましょう。

妊婦におすすめ
むくみ解消のマッサージ

アロママッサージ

アロママッサージは気分もリラックスできるので、妊娠以前から行っている方もいるでしょう。ただしアロマオイルは刺激が強いものもあるので妊娠中は注意が必要です。月経を促す作用やホルモンの分泌を促す作用のあるオイルは避け、むくみのある部分を優しくマッサージしましょう。またお風呂にオイルをたらして入るのもおすすめです。

リンパマッサージ

足を中心にリンパの流れを良くすることでむくみを解消することができます。簡単にリンパマッサージのやり方を紹介します。

  1. 足の骨と骨の間にそって優しく指を当て、甲を下から上へ向かって流す。
  2. 外くるぶしの前からと後から、それぞれをゆっくり下から上に向かって流します。
  3. ふくらはぎも同様に下から上に向かって流し、膝の裏に流していきます。
  4. 膝もお皿まわりを内側から外側に向かって流します。
  5. 太ももの外側と正面を下から上に流して終わります。

先輩ママが試した体験談アリ!
妊婦の足のむくみ解消法をマッサージ以外にもCHECK

妊婦におすすめ
むくみ解消のツボ押し

復溜(ふくりゅう)

内くるぶしとアキレス腱の間にあるくぼみから、指3本分上にあるツボです。水分を体外に排出する働きのある腎臓を活性化する効果があります。親指を当てて息を吐きながら5秒ほど押します。

陰陵泉(いんりょうせん)

足の内側のくるぶしから骨の内側を通り、太い骨のすぐ下で指が止まる場所が陰陵泉です。体内の水分循環の巡りを良くして水分バランスを整えることができます。食欲不振や膝の痛み、むくみ、腰痛にも効果的です。ゆっくり息を吐きながら5秒ほぐすように押します。

先輩ママが試した体験談アリ!
妊婦の足のむくみ解消法をツボ押し以外にもCHECK

産後のむくみと鍼灸

鍼灸は肩こりや腰痛への効果が多く取り上げられますが、 実は妊娠中の冷えの対策や、つわりの軽減、むくみにも効果があり、妊婦さんにおすすめしたい対策法の1つです。鍼灸は日本の伝統的な医療であり、昔から妊娠・出産時に産婆さんが使用することもあったそうです。

最近では、妊娠期のつらい症状を緩和するための手段としても、人気のある治療の1つとなっています。もちろん妊娠中のママさんだけでなく、薬の使用を避けたい授乳中のママさん、妊娠を考えている女性、産後のママさんにとっても、安全で信頼性の高い治療なんですよ。

妊娠中に起こる以下の症状にも鍼灸は有用です。

妊婦が鍼灸に行ける時期

自然妊娠であり、母子ともに健康な状態で経過していれば、妊娠初期から鍼灸治療を受けることができます。ただし、体調に不安がある妊婦さんは産婦人科医の許可を受けたうえで、安定期に入ってから施術を開始すると良いでしょう。

妊婦の鍼灸治療の注意点

副作用などを気にされる方もいらっしゃいますが、鍼灸の施術では鍼とお灸を使用しツボに刺激を与えるものなので、薬物のような副作用の心配はありません。ただし、鍼灸による母体への刺激には個人差があるので、初診なら、妊婦さんへの施術経験が豊富な鍼灸師さんに治療をお願いしてみてはいかがでしょうか。また、安定期であっても無理をせず、かかりつけの産婦人科医に相談の上、じっくり施術を受けることを心がけましょう。

三陰交(さんいんこう)

内くるぶしの頂点から、指4本分上にあるツボです。すねの骨の横にあたります。冷え症、生理不順、生理痛など女性特有の身体の悩みに効果があるとされるツボで、妊娠中に刺激をすると陣痛を早める効果があるといわれています。3~5秒間、息を吐きながらゆっくり押してみましょう。

【特集】安産のツボ

三陰交(さんいんこう)

内くるぶしの頂点から、指4本分上にあるツボです。すねの骨の横にあたります。冷え症、生理不順、生理痛など女性特有の身体の悩みに効果があるとされるツボで、妊娠中に刺激をすると陣痛を早める効果があるといわれています。3~5秒間、息を吐きながらゆっくり押してみましょう。

腎兪(じんゆ)

おへそのラインを背中に延長すると、背骨のひとつ下の骨との間から、指2本分外側にあるツボです。生理不順や不妊症などの女性特有の症状から、冷えや腰痛といった症状にも効果があるので、妊娠中の女性にぴったり。ゆっくりと息を吐きながら5秒押しましょう。