ページトップへ

プレママへ 先輩ママに学ぶ妊婦のむくみ解消ナビ着圧ソックス編

プレママへ 先輩ママに学ぶ妊婦のむくみ解消ナビ着圧ソックス編

痛みもイライラもスッキリ!妊婦のむくみこそ着圧ソックスで

着圧ソックス
おすすめ3選はこちら

着圧ソックスサイトのマスコットキャラクターのフレーム

妊娠中に足がパンパンにむくんだという妊婦はとても多いです。むくみは妊婦の代表的なマイナートラブル。このサイトでは足のむくみを解消する方法をプレママに向けて紹介します。

妊娠中に足がパンパンにむくんだという妊婦はとても多いです。むくみは妊婦の代表的なマイナートラブル。このサイトでは足のむくみを解消する方法をプレママに向けて紹介します。

着圧ソックスがおすすめ!お手軽にむくみをスッキリ

履くだけで足を引き締められる着圧ソックスなら、手軽にツラいむくみを解消できます。足首から太ももまで加圧できるので、安産のツボ(足首の三陰交など)も同時に刺激できておすすめです!

先輩ママから教わろう!
着圧ソックスの使い方

着圧ソックスは特殊な生地で足に適度な圧力を加えてくれます。通販などで簡単に購入できるので、むくみが気になり始めた時にすぐ使えるのが魅力。ただ、赤ちゃんのために身体を大切にしたい時期に「加圧する」ってちょっと気になりますよね。着圧ソックスを使用した先輩ママの声を紹介するので、どんな風に使ってどんな効果があったかを参考にしてみてください。

妊娠中に愛用してたよ!編

Use to

病院からの指示で履き始めました

女性アイコン

早期早産になってしまい、病院の指示で骨盤ベルトと着圧ソックスを使いました。むくみに効いたと思います!履き心地が商品によって違うので、自分に合ったものを選んでます。

トイレの回数が増えて驚きました

女性アイコン

着圧ソックスを履いて眠ったらトイレの回数がぐっと増えてビックリ!足のむくみや体重も以前と同じくらいに戻すことができました。妊娠後期の体って本当に不思議…。

妊娠後期は着圧ソックスなしでは寝られなかった

女性アイコン

お腹が大きくなった妊娠後期はむくみが本当にひどかったです。着圧ソックスなしでは寝れなかったので、買って良かったと思ってます!妊婦はむくみやすいので対策が必要ですね。

お腹が小さい時から履くのがおすすめ

女性アイコン

二人目妊娠の時は静脈瘤になってしまい、三人目では常に足に痛みがあり大変だったので、着圧ソックスは毎日履いていました。お腹がまだ大きくならないうちから着用した方が良いですよ。

妊娠後期はお腹が大きくなって、むくみが出やすくなる時期。毎晩、着圧ソックスを履いていたっていう先輩ママも多いね。眠る前に履くだけで、翌朝はスッキリ起きられるみたいだよ!

マスコットイラスト

使う時はココに注意してね!編

Atention!

初めは圧が弱いものを選んだ方が安心

女性アイコン

着用ソックスを履き始めたころ、足がつることが多かったです。たぶん圧が強いものを履いていたからです。今は慣れたので大丈夫!慣れていない方は圧が弱いものを選んだ方が良いかも。

圧が強いと大きなお腹では履くのが大変

女性アイコン

せっかく旦那が着圧ソックスを買ってきてくれたけど、圧が結構強かったので妊娠後期の大きなお腹では履くのがとっても大変でした!結局、圧が弱いものを買い直しました。

慌ててニーハイタイプに変えました

女性アイコン

毎日ハイソックス丈の着圧ソックスを履いていたら、膝の内側に静脈瘤ができちゃいました…。慌てて丈の長いニーハイタイプに変えました。夏には熱いけど、悪化しないように履いています。

むくみのケアに着圧ソックスはおすすめだけど、妊婦さんが使う時は圧力に気を付けた方が良いみたい!圧力が強い着圧ソックスで大変だった先輩ママが多いから、圧力は弱いものを選んでみてね。

マスコットイラスト

着圧ソックスおすすめ3選

着圧ソックスはさまざまなタイプが販売されているので、選ぶ時に迷ってしまいますよね。そこで先輩ママがよく使っている着圧ソックスについて調べ、太ももまでしっかりカバーできるタイプのおすすめ3商品をピックアップしました。「締め付けが強すぎると大変」って先輩ママの声が多いから、圧力が弱いものを選ぶと良いかも!他にも口コミなどもチェックして、ぜひむくみを解消してくれる頼もしい一枚を見つけてくださいね。

エクスレッグスリマー

ふくらはぎをしっかり引き締める加圧式美脚ソックス

最大圧力18hPa

昼夜兼用3,960円

公式HPをチェック

口コミ

エクスレッグスリマーを使用して2ヶ月たちました。脚のむくみが以前よりもすっきりして良い感じです。足首の締め付け感もないし、夜だけでなく日中も使用できるとのことで便利ですね。(33歳女性)

何もしないと毎日足がパンパンにむくみますが、こちらのエクスレッグスリマーを履くと夕方になってもすごく足が楽チンでした。ただ履いて動き回るといつの間にかズレてきちゃうので、今は寝る時だけ愛用しています。(29歳女性)

まだ2日ですが、着用中はかなり汗をかきます。もともと代謝はいいのですが、この着圧ソックスを履くと何もしてなくても汗が出ます。加圧の効果ですかね。おかげで浮腫はスッキリ!着用を続けて様子を見てみます。(37歳女性)

マスコットイラスト

最大18hPaで、比較的圧力が弱めのソックスだよ。強すぎない自然な締め付けで、履き心地が良いみたい!ふくらはぎにもしっかり加圧してるから、色々な足ツボを刺激できそう!

マスコットイラスト
エクスレッグスリマー公式HPをチェック

メディキュット

幅広いラインナップで人気の高いブランド

最大圧力24hPa

昼のみ 2,500円
(夜用別商品 2,700円)

公式HPをチェック

口コミ

とても足がむくみやすく、すぐ痛くなっていました。メディキュットを履いて寝ると、翌日には足がすっきりして痛みもとれています。むくみが消えた分、見た目もすっきりとしています。(29歳女性)

メディキュットを履いて寝ると、翌日の足の軽さが全く違います。ダイエット効果はいまいち分かりませんが、むくみ対策としては十分。結構締め付けられるので圧迫感が苦手な方はきついかも。(41歳女性)

足のむくみがひどくて口コミからこの商品を選んでみました。履いた瞬間ストレッチがすごく気持ち良く、そのまま朝までぐっすり寝てしまいました。脚だけ締め付けられているのに体全体が軽くなった様な気がします。(32歳女性)

マスコットイラスト

使用シーン別や医療用など商品ラインナップが豊富で、知名度も高く国内でも人気の高いブランド!昼用と夜用は別商品だから、買う時に気を付けてね。

マスコットイラスト
メディキュット公式HPをチェック

ベノサン ママライン LYCRA

マタニティ専用の医療用弾性ストッキング

最大圧力26.6hPa

昼のみ 7,800円

公式HPをチェック

口コミ

人気のブロガーさんが紹介していたので興味を持ち購入。本当に履くだけで足が疲れないからびっくりします。カバーしきれてない部分もありますが、履かないよりもとても楽なのでずっと続けています。(30代女性)

金額が高いので悩みましたが、購入して本当に良かったです。まるでゾウの足のようなむくみでしたが半減しました。脚の疲れも取れるので、健康維持のための必需品になっています。(50代女性)

むくみに悩み続けていましたが、やっと「これだ」と思える商品に出会えました。これを履くとむくまず、脱いだあとは脚がほっそり。洗い替えも欲しいのでリピートしようと思います。(年齢不詳女性)

マスコットイラスト

最大圧力26.6hPa(20mmHg)のマタニティ専用ソックス!薄手で伸縮性があるから、どちらかというとストッキングに近いかも。カラーも黒とベージュがあるから普段使いにもピッタリ!

マスコットイラスト
ベノサン公式HPをチェック
Compare!

妊娠中に着圧ソックスを使用していた先輩ママたちの声や、商品の特徴、口コミ評判、価格などを調べておすすめの商品を選びました。これぞ着圧ソックス神7です!「妊婦には締め付けが弱い方が良い」って先輩ママのアドバイスがあるので、圧力数も一覧にしてみました。商品を選ぶ時にぜひ参考にしてくださいね。

エクスレッグスリマー

エクスレッグスリマーのパッケージ画像

最大圧力18hPa

メディキュット

メディキュットパッケージ画像

最大圧力24hPa

ベノサン
ママライン LYCRA

ベノサン ママライン LYCRAの商品パッケージ画像

最大圧力26.6hPa

ホットキュット

ホットキュット
引用元:dacco公式(http://dacco-web.com/item/wear/hot/index.html)

最大圧力21hPa

スリムウォーク

スリムウォーク
引用元:スリムウォーク公式(http://www.slimwalk.com/lineup/medical_lymph_long.html)

最大圧力24hPa

たまひよ
着圧オーバーニーソックス

たまひよ 着圧オーバーニーソックス
引用元:ベネッセ公式(http://shop.benesse.ne.jp/tamahiyo/disp/CSfDispListPage_001.jsp?dispNo=001020032&sbr=T&p=2)

最大圧力20hPa

犬印本舗
着圧ソックストレンカタイプ

犬印本舗 着圧ソックス トレンカタイプ
引用元:Smileまーけっと(https://item.rakuten.co.jp/smilemarket/ps6132/)

最大圧力不明

注意とマメ知識!妊婦が着圧ソックスを使う前に

着圧ソックスを検討している妊婦向けに基礎知識を紹介します。着圧ソックスは履くだけで足のむくみを改善する優れものですが、履き方を間違えればむくみを悪化する可能性もあります。履き方のコツや妊婦が選ぶべき種類などまとめました。

履き方のコツ 妊娠後期に入るとお腹が大きくなるため、無理な姿勢で着圧ソックスを履くとお腹に負担がかかることも。お腹が大きい時は、着圧ソックスの履き方にひと工夫必要です。お腹の赤ちゃんのために履くコツを覚えておいてくださいね。

市販と医療用とマタニティ用の違い

着圧ソックスは大きく分けて「市販品」と「医療用弾性ストッキング」があります。医療用は病院で診察を受けてから購入できる商品で品質が良いのですが、値段が少し高額です。市販品はドラッグストアなどで誰でも購入できる手軽さが魅力的。市販品とマタニティ用は、締め付けが強すぎない商品が多く見られます。どれが良いのかを見比べてから自分に合っているものを購入しましょう。

昼用と夜用、丈の違い

着圧ソックスには昼用と夜用があります。昼用は圧が強く、夜用は圧が弱めになっているのが主です。昼用タイプを夜に使うと引き締めが強すぎて、逆にむくみが悪化することもあるので注意してください。また、脚のむくみ対策なら丈はニーハイタイプがおすすめ!太ももの下肢動脈瘤までしっかり予防することができます。

圧力の大きさの違い

着圧ソックスの圧力の単位はhPaやmmHgで表示されます。だいたいの目安は1mmHg(1.33hPa)が、肌の上に500円玉を置いたくらいの圧迫感です。効果を得るために圧が強いものを選べば良いと考える方もいますが、強すぎる圧力では血行不良などのトラブルを引き起こすこともあります。妊婦には適度に引き締められる圧力の低いものがおすすめです。

先輩ママが試した妊婦の足のむくみ解消法

足のむくみは多くの妊婦が抱える悩み。ゾウの足のようにパンパンになるのは見た目にも嫌ですし、何より痛みがツラいですよね。ここでは妊婦がむくむ原因や妊娠時期ごとの症状の違い、先輩ママが試した対策法と体験談を紹介します。

妊婦は特に塩分の摂取量に気を付けましょう。1日あたり7g未満が摂取の基準となっており、これ以上塩分を摂りすぎるとむくみや高血圧になりやすくなります。妊娠期間中は減塩を心がけ、「妊娠高血圧症候群」を予防しましょう。

妊娠中はウォーキングやストレッチ・体操で意識的に身体を動かしましょう。お腹が大きくなると動きにくく、お腹が張りやすくなります。無理をしない範囲でウォーキングやストレッチで血行を促せば、むくみを抑えることができます。

アロママッサージやリンパマッサージで体をほぐせば、むくみの原因となる余分な水分・老廃物を体外に流すことができます。妊娠期間中のストレス発散にも効果的です。ツボおしも自宅で簡単にできるので、ぜひ実践してみましょう。

着圧ソックスやオイルクリーム、足枕といったグッズ利用でも手軽に足のむくみ対策ができます。特に着圧ソックスは毎日履くだけでむくみをしっかりケアできるのでおすすめです。どれも足の血行を促し、むくみを改善してくれます。

妊娠中だけじゃない!産後のむくみのメカニズム

妊娠後期に発生しやすいと言われている足のむくみ。実は妊娠中にむくまなくても、産後にむくみが出るケースもあります。その原因や対策方法を前もって知っておけば、出産後に疲れている時でもすぐにむくみ対策を始めることができますよ。

痛みがツラくても、「たかが、むくみ」とあまり気にしない人もいると思います。しかしむくみを放置すると、さらなるトラブルにつながる可能性があります。ここではむくみを放置しておこるトラブルについて、先輩ママの体験談を交えながら紹介します。

妊娠すると今までの身体の状態とは大きく変わるため、さまざまなマイナートラブルに見舞われることがあります。「病院へ行くほどではないけどツラい」といったマイナートラブル。どんなものがあるのかを知って対策を取りましょう。

手がしびれて包丁もにぎれないっ!

マスコットイラスト妊娠中は手がしびれることがあります。毎朝目覚めると手がしびれたり、昼夜問わず突然しびれたり…。なかにはしびれがひどく、料理中に包丁がにぎれなくなってしまう方もいて、生活に響くトラブルです。原因や対策を紹介します。

妊娠後期に入って毎日足がつる

マスコットイラストお腹が大きくなってくる妊娠後期は特に足がつる(こむら返り)ことがあります。足がつる原因はふくらはぎの筋肉「腓腹筋(ひふくきん)」が異常に収縮することです。ミネラル不足や血行不良が原因となるので、食事などから対策しましょう。

もうすぐ臨月で寝るのも苦しい~

マスコットイラストお腹がパンパンに大きくなる臨月は、寝るのも苦しいですよね。妊婦が楽に眠れる体勢として知られている「シムス体位」は血行が良くなりリラックスできる体位です。シムス体位の方法や、もっと楽に寝る方法を紹介します。

【大定番】そんなに太ってる?病院で痩せろって言われた…

マスコットイラスト妊婦は体重が増加しやすくなるため体重管理が重要です。病院によっては体重管理がとても厳しく、太りすぎると厳重注意されます。食事や運動に気を付けて、必要以上に太りすぎないように気を付けたいものです。